ガラス種類辞典は、ガラスの販売サイト「オーダーガラス板.COM」が運営するガラスの総合百科事典です

倍強度ガラス

倍強度ガラスは、同じ厚さのフロートガラスに比べて耐風圧強度、熱割れ強度が約2倍程度優れたガラスです。

万が一破損した場合は、フロートガラスに近い割れ方になります。強化ガラスのように、粒上には割れませんのでご注意下さい。

 

 どんな所に使われているの? 

耐風圧強度、熱割れ強度がフロートガラスの約2倍あります、この特徴をいかして高層ビルの外装などにも使われています。

フロートガラス、熱線吸収ガラス、熱線反射ガラス、高性能熱線反射ガラスで製造されていない厚みの耐風圧強度を満たす代替え品として使用されることもあります。熱線反射ガラスや熱線吸収ガラスを素板に使うことによって、日射を適度にコントロールして、室内の温度の上昇を抑え、冷房費も安くお抑えられますよ!!

 

倍強度ガラス のことならオーダーガラス板.COM

皆様の街のガラス屋さんでも倍強度ガラスは購入できますが、よりお客様のニーズにあった販売を行っている販売店があります。工務店の方や個人の方、誰でもガラスを好きなサイズで㎜単位から購入でき、さらに工場直営ですので納期も早い、そして価格も安い、なんといってもオペレーターも親切かつ丁寧でわかりやすい、そんないいことだらけの販売店はオーダーガラス板.COMです。

是非、一度ごお問い合わせ下さい。連絡先は0120-12-4466です。喜んで御見積もりもさせて頂きます。

安心の梱包と保証システム

オーダーガラス板.COMでは、倍強度ガラスをお客様に商品をお送りする梱包にまでこだわっています。ガラスの梱包15年の達人がガラスの出荷を行っています。その為、輸送中の事故0.25%を実現しています。万が一ガラスに不良がありましたら返品・返金いたします。また無償交換が出来ます。さらに過ってお客さ様が、ガラスを破損された場合も当社が代金の70%を保証させて頂きます。

Search templates (CTRL+Space)
倍強度ガラス のことならオーダーガラス板.COM

いいえ、違います。

同じ厚さのフロートガラスに比べて耐風圧強度、熱割れ強度が約2倍程度優れたガラスです。

熱割れの可能性の高いガラス壁材として使われる場合もあります。

倍強度ガラス のことならオーダーガラス板.COM

いいえ、できません。

倍強度ガラスは切れません。工場でも切断してから強化に加工しています。(普通のガラスを切断し、熱して倍強度ガラスにしています)

強化ガラスと同じように、一度熱処理加工されたガラスです。その為、工場でも切ることはできません。傷が入ると全体が割れてしまいます。その為、切ったり、穴あけしたりすることはできません。

熱処理前に、オーダーサイズにカットしてその後熱処理加工しています。

倍強度ガラス のことならオーダーガラス板.COM

製造可能なガラスは、フロート板ガラス熱線吸収板ガラス熱線反射板ガラス高性能熱線反射板ガラスです。と言うことは、色のバリエーションも広がりますね。

ゆがみについての注意 

倍強度ガラスは、製造過程で熱処理加工していますので、その為どうしても反りが発生してしまいます、反射映像はフロート板ガラスと同じようにはならず、ゆがみが大きくなってしまいます。また、合わせガラスにもできますが、ガラスごしに透けて見える像はゆがんでみえることもあります。

製造不可なガラス(素板)もあります!!

製造できないガラスは、網入り板ガラス、線入り板ガラス、型板ガラスは倍強度ガラスにすることはできませんのでご注意下さい。

倍強度ガラス のことならオーダーガラス板.COM

ガラスを販売するときは、規格のサイズ(作り置きガラス)から切り出して販売します。 規格サイズの最大寸法内あればどんな大きさでも可能です。

倍強度ガラスは、フロート板ガラス、熱線吸収板ガラス、熱線反射板ガラス、高性能熱線反射板ガラスを素板に作ることが可能です。それぞれの厚み、最大サイズを表にしました、ご確認下さい。

 

      基    板  厚み(㎜)   最大サイズ(㎜)
    フロート板ガラス     6   3000×2440
    8   3600×2440
   10
   12
   熱線吸収板ガラス     6   3000×2200
    8   3600×2200
   12
   熱線反射板ガラス     6   3600×2500
    8   3580×2460
   10   3540×2420
   12   3540×2420
  高性能熱線反射板ガラス     6   3500×2350
    8
   10
   12
Search templates (CTRL+Space)
倍強度ガラス のことならオーダーガラス板.COM
HSライトとは、どのようなガラスですか?

HSライトは、旭硝子が製造・販売する倍強度ガラスです。同じ厚さのフロートガラスに比べて2倍の強度があります。そのため、ガラスの厚みを抑えたい高層ビルなどに適しています。厚さ6ミリのHSライトが、厚さ10ミリのフロート板ガラスとほぼ同じ強度を持ちます。万が一割れた場合は、フロートガラスに近い割れ方になります。

なお倍強度ガラスと同じく、熱処理をしてガラスの強度を高めた製品に強化ガラスがあります。

特性

  • 安全対策

主な使用場所

  • オフィスビル
  • 店舗・商業施設

規格

HSライトにはフロートガラス熱線吸収ガラスサンカットΣサンルックスの4種類あります。

品種 呼び厚さ(ミリ)
フロートHSライト 6、8、10、12
熱線吸収HSライト 6、8
サンカットΣHSライト(クリア) 6、8、10
サンカットΣHSライト(ユーログレー、ユーロブロンズ、グリーン) 6、8
サンルックスHSライト 6、8

最小サイズと最大サイズ

一般名 品種(商品名) 呼び厚さ(ミリ) 最大サイズ(mm) 最小サイズ(mm)
倍強度ガラス フロートHSライト 6 3000 × 2440 250 × 100
8 3600 × 2440
10
12
熱線吸収HSライト 6 3000 × 2200
8 3600 × 2200
サンカットΣHSライト(クリア) 6 3600 × 2400 900 × 600
8 3580 × 2400
10 3540 × 2400
サンカットΣHSライト(ユーログレー、ユーロブロンズ、グリーン) 6 3600 × 2082
8 3580 × 2082
サンルックスHSライト 6 3600 × 2400
8 3580 × 2400

HSライトはこんな場所に有効です

HSライトは高層ビルに適したガラスです。高い位置にある窓ガラスは、地上よりも強い風を受けます。そのため普通のガラス (フロートガラス) にした場合、厚みを増やして強度を高めなければいけません。そうなるとビルにかかる荷重が増えてしまいます。

HSライトを使うことで、ガラスの強度を保ちつつ厚みを減らすことができます。荷重も減るので建物が安定します。

倍強度ガラスの商品名

倍強度ガラスはメーカー各社によって商品名が違います。主要3社の商品名は以下の通り。

倍強度ガラスの呼び方 (商品名)

  • AGC旭硝子:HSライト
  • 日本板硝子:HS 200
  • セントラル硝子:HSレックス
Search templates (CTRL+Space)
HSライト 倍強度ガラス のことならオーダーガラス板.COM

「ガラスの種類辞典」は

各種ガラスの販売サイト

オーダーガラス板.COM

    が運営しています♪