ガラス種類辞典は、ガラスの販売サイト「オーダーガラス板.COM」が運営するガラスの総合百科事典です

フロートガラス

フロートガラス 写真.jpg簡単に言えば普通のガラスです。 透明ガラスと呼ぶ方もいらっしゃいます。
透明ガラスといっても、一枚だけ見れば透明に見えますが、右の写真の通り、重ねたり、厚みのあるものを見ると緑色に見えます。(本当に透明なガラスは高透過ガラスです)

皆さんが一番目にしているのは、このガラスです。
ガラスの基本がこのフロートガラスで、良く耳にする強化ガラス防音ガラスなども、このフロートガラスを加工して製作されます。
ガラスの中でも加工がしやすいガラスですので、DIYに最適のガラスです。

どんな所に使われていますか?

窓ガラス、ガラステーブルトップガラス棚板棚の扉、などによく利用されます。厚みが厚ければ、結構強度がありますので、水槽などにも利用されます。ガラス水槽にはほとんどこのフロートガラスが使われています。

 

フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM

旭硝子(株)製品

スクリーンショット_100716_113426_AM.jpg

日本板硝子(株)の製品

スクリーンショット_100716_114021_AM.jpg



フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM

現在の板ガラスの代表的な製造方法は、フロート方式です。1952年イギリスのピルキントン社が開発し、今では世界中のガラスメーカーに普及しています。

溶かしたガラスをガラスよりも比重の重い錫(すず)の上に浮かべて、ガラスを板状にする方式です。

いろいろなガラスが、この製造方法で作られています。

錫(すず)の上に溶かしたガラスをのせて、ガラスは平らにできあがるの?

はい、溶けた錫は完全に滑らかな平面です。その上に熔融ガラスを流しこむと、溶けた錫と熔融ガラスが接する面、熔融ガラスが空気に触れている面ともに凹凸のない完全に平面のガラスができあがります。皆さんも窓ガラスなど触ったことがあると思いますが、歪みのない平らなガラスはこの製法で造られたものです。

 昔のガラス

今から数十年前は、電車のガラスなどにも表面に凹凸のうねりのあるガラスが使われていました。このガラスごしに景色を見ると歪んで見えていました。ガラスの歪みはまだ我慢できますが、当時一番困ったのは、鏡を作るときです。鏡にする為に、わざわざガラスの表面を磨いていたのです。平面のガラスが出来て、ガラスの表面を磨かずに鏡をつくることができたんですね。

フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM

一般的によく使用されるガラスなので、厚みの種類は豊富にあります。

その規格はJIS R 3202により定められていて、

2mm、3mm、4mm、5mm、6mm、8mm、10mm、12mm、15mm、19mm

の10種類となります。

 ガラスの中でも最も基礎となるガラスです。その為、他の種類のガラスにはこれだけ厚みがたくさんあるものはありません。

フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM

最大サイズは、ガラス工場の機械の大きさによって変わってきます。 また、厚みが2mmや3mmなど薄いガラスは割れやすい為、あまり大きなガラスは作れません。

規格サイズの最大寸法は2438mm×3030mmで、この範囲内であればどんな大きさでも可能です。

 大体、ガラスを売るときは、規格のサイズ(作り置きガラス)から切り出して販売します。

 ※厚みが2mmと3mmのガラスは薄い為、2mm厚は813mm×914mm、3mm厚は1219mm×1829mmと小さめの規格となっています。

特寸(とくすん)と言って、特別なサイズで製作することも可能(工場による)ですので、問い合わせてみてください。

 

フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM

特寸(とくすん)と言って、特別なサイズで製作することも可能(工場による)ですので、問い合わせてみてください。

 また、ほとんどの方が、ガラスを分割して製作しています。 半分ずつ製作して並べて使っています。分割することで、運賃、ガラスの料金などのコストも抑えることが出来ます。

もし大きなガラスを、大きなまま商品をお客様の元へお届けする事となりますと、商品を鉄のパレットにのせて、そのパレットを大型トラックに積み込みし、荷下ろしの際も天井クレーンやフォークリフトでの荷下ろしが必要になります。また、ユニック装備付きの大型トラックでも運搬は可能ですが、いずれにしてもチャーター便となります。

その為、運送コストを減らす為にガラスを分割して購入される方もいらっしゃいます。

 

フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM

一枚のガラスだけでは、19㎜以上のガラスを製造することは出来ません。しかし、19mm以上の厚みを必要とする場合、ガラスとガラスを張り合わせる、合わせガラスにすることで、より厚いガラスにすることも可能です。

合わせガラスとは?

合わせガラスは、ガラス板とガラス板の間に特殊中間膜をはさんで圧着させたガラスです。

この中間膜の効果で、割れても破片が飛び散ることがほとんどないため、一般ガラスと比べて非常に安全性が高くなります。合わせガラスですと、19㎜+19㎜=38㎜や15㎜+15㎜+15㎜=45㎜など組み合わせによって、色々な厚みが製作可能ですので、お問い合わせ下さい。

フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM

ガラスカッター.jpgはい、ガラスカッターというものを使って簡単に切れます。 ガラスの中でも一番簡単に切れます。
例えば、強化ガラスは切れないし、網入りガラスもガラスの間に網が入っている為、切断することは難しいです。
フロートガラスは、10mmぐらいまでなら簡単に自分でも切断できますので、DIY、日曜大工、自分で窓ガラスの取替えなどを行う方には扱いやすいガラスと言えます。

女性の私でも簡単に、切ることができました。ステンドグラスなどは、こうしてガラスを切って作られています。ただ、厚みの厚くなるほど切りにくくなります。ガラスを切った後の、切断面で手を切らないように十分ご注意下さい。
ガラスの切り方はとても簡単で、ガラスを切るのを一度見れば、結構すんなりと切れるようになります。 皆さん切り方を知らないだけで、本当に簡単なんです。 ガラスの切り方を動画で紹介するサイトを作りましたので、一度ご覧ください。
ガラスの切り方を動画で紹介 ガラスカッター.COM

フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM

はい、曲げガラスにすることは可能です。

曲げ加工とは、金属製の型の上に板ガラスをのせて、電気やガスを使用した加熱炉の中に入れ、ガラスの軟化温度付近(580~600度)まで、徐々に加熱します。軟化した板ガラスは、ガラス自身の重みにより金属製の型に沿って曲がります。曲がり終えたガラスは、加熱を止め炉内において熱をさまします。その時同時に熱加工によりガラスに発生した歪み・反りを取り除いてくれます。

曲げガラスを紹介するサイトを作りましたので、一度ご覧ください。 曲げガラス屋.COM

フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM

はい、可能です。

普通のガラスでは、物足りない、窓を曇ったガラスにしたい。などと言った要望にフィルムを貼るだけで応えられます。

また、透明のシートを貼ることもできます。破片の飛び散りを防ぎます。(飛散防止フィルムとも呼ばれています)UV(紫外線)をカットしてくれるタイプのフィルムもあります。

 

フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM

耐熱温度は、110℃となっています。
沸騰したお湯(100℃)をかけても割れないということになります。

ただし、110℃以下でも、急激に冷やしたり、冷えたガラスに熱湯をかけるような急激な温度変化では割れてしまいます。

強化ガラスの耐熱温度は210℃ですので、熱湯や高温の油などを使われるキッチン周り等では、強度や安全度、耐熱温度のことを考えると、価格がそれほど変わらない強化ガラスを使われることをお薦め致します。


 常用使用温度・最高使用温度とは?

最高使用温度は、短時間のみ使用できる温度で、一瞬であれば、この温度まで耐えることが出来ます。また、常用使用温度は、連続して使用することが出来る温度で、この温度までであれば、連続して過熱しても大丈夫だといえる温度です。

フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM

はい 弱いです。
フロートガラス(普通のガラス)の耐熱温度は110℃と言われています。 

110℃以下でも、急激に冷やしたり、冷えたガラスに熱湯をかけるような急激な温度変化では

割れてしまいます。

強化ガラスの耐熱温度は210℃ですので、熱湯や高温の油などを使われるキッチン周り等では、

強度や安全度、耐熱温度のことを考えると、価格がそれほど変わらない強化ガラスを使われる

ことをお薦め致します。


最高使用温度・常用使用温度とは何ですか?

最高使用温度は、短時間のみ使用できる温度で、一瞬であれば、この温度まで耐えることが

出来ます。

また、常用使用温度は、連続して使用することが出来る温度で、この温度までであれば、

連続して加熱しても大丈夫だといえる温度です。

フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM

同じものです。フロートガラスの板の状態をフロート板ガラスと呼んでいます。

フロートガラスは、簡単に言えば普通のガラスです。 透明ガラスと呼ぶ方もいらっしゃいます。
透明ガラスといっても、一枚だけ見れば透明に見えますが、右の写真の通り、重ねたり、厚みのあるものを見ると緑色に見えます。(本当に透明なガラスは高透過ガラスです)

皆さんが一番目にしているのは、このガラスです。
ガラスの基本がこのフロートガラスで、良く耳にする強化ガラス防音ガラスなども、このフロートガラスを加工して製作されます。
ガラスの中でも加工がしやすいガラスですので、DIYに最適のガラスです。

 

フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM

フロートガラス 写真.jpg同じものです。

ガラスは、別名白板、青板と呼ばれることがあります。

ガラスは、ほとんど透明ですが、フロートガラスの中に含まれる金属成分が発色し緑色に見えることから、青板ガラスと呼ばれています。透明に見えますが、フロートガラスの厚みの部分を見ると本当に緑色に見えますよ。厚みが厚いほど、色はわかりやすいです。

 右の写真をご確認下さい、3枚フロートガラスがかさなっている所は、より緑色に見えます。

 

白板とは?

材慮野科学的純度を高めて透明性を増したガラスです。一般的には、大型の液晶パネル、測量計、コピー機のカバーガラスなどに使われています。

フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM

例えば、冬の寒い時期に部屋の中で暖房をつけると、窓ガラスと窓ガラスに接している空気との間で、熱の伝わり方は、一点から四方八方に広がったり、また空気の一部があたためられるとその空気は膨張し、軽くなって上に昇り、温度の低い空気と入れかわります。このような運動のくり返しで、熱がガラス全体に広く伝わる現象をまとめて、熱伝達といいます。

また、単位温度(1℃)、単位面積(1㎡)ごとに熱伝達する熱量を熱伝達係数と呼びます。

 

フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM

辞典用添付画像.jpg   

右の図を見ていただくと、光がガラスにあたった時の光の様子がよくわかります。

光は、ガラスにあたった時、反射、吸収、透過の3つに分かれます。

光全体に対して、ガラスを透す(透過)光の率を透過率と呼んでいます。

光は、太陽から届く電磁波のことです。波長の長い短い外線、目に見える可視光線、暖かさを感じる赤外線が私たちの住む地球に届いています。            

フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM

  ガラスび強度 図.jpg引張りなどに対して、割れにくいガラスはありますが、割れないガラスとうものは、まだ開発されていません。ガラスの弱点は破損(割れ)るということです。ただ、割れると言っても引張られる力(引張応力)だけではありません、縮まる力(圧縮応力)が加わりガラスが破損してしまうのです。

安全性を考え、万が一割れた時でも安全なガラスは強化ガラスです。また、耐風圧強度も普通のガラスの約3.5倍~4倍あります。

ガラスの割れ方を右の図を見て頂くとよくわかります。

 

 

 

 

 

 

 

フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM

皆様の街のガラス屋さんでもフロートガラスは購入できますが、よりお客様のニーズにあった販売を行っている販売店があります。工務店の方や個人の方、誰でもガラスを好きなサイズで㎜単位から購入でき、さらに工場直営ですので納期も早い、そして価格も安い、なんといってもオペレーターも親切かつ丁寧でわかりやすい、そんないいことだらけの販売店はオーダーガラス板.COMです。

是非、一度ごお問い合わせ下さい。連絡先は0120-12-4466です。喜んで御見積もりもさせて頂きます。

安心の梱包と保証システム

オーダーガラス板.COMでは、フロートガラスをお客様に商品をお送りする梱包にまでこだわっています。ガラスの梱包15年の達人がガラスの出荷を行っています。その為、輸送中の事故0.25%を実現しています。万が一ガラスに不良がありましたら返品・返金いたします。また無償交換が出来ます。さらに過ってお客さ様が、ガラスを破損された場合も当社が代金の70%を保証させて頂きます。

フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM
ガラスの代表的な原料は下記の通りです。

・ケイ酸      70~74%
・石灰          6~12%
・ソーダ        6~12%
・マグネシア   0~4%
・アルミナ     0~2%

興味深いのは、ケイ酸は真っ白な砂だし、他も全て透明では無いこと。
これが透明で、綺麗なガラスになるのですね。
フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM
代表的なガラスの密度は下記の通りです。

・フロートガラス        2.5  t/m3 ( 2.5  g/cm3
・耐熱ガラス(テンパックス) 2.2  t/m3 ( 2.2  g/cm3
・ネオセラム(N-0)              2.51 t/m3 ( 2.51g/cm3
・石英ガラス          2.2  t/m3 ( 2.2  g/cm3
フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM
誘電率とは、物質内で電荷とそれによって与えられる力との関係を示す係数です。

フロートガラスの周波数が1MHzで測定内温度が20度の時の誘電率は、7~7.5 Fm−1になります。
フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM

一般的なフロートガラスの光透過率は下記グラフの通りです。

・縦軸は透過率(%)

・横軸は波長(nm)

・グラフ内の数値は板厚(mm)を示します。

toukaritu_01.jpg
フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM

熱膨張率とは、温度の上昇によって、物体の長さや体積が膨張する割合の事です。熱膨張係数ともいいます。

フロートガラスの熱膨張率(20-300℃)は、 90 ×10-7/℃ になります。

フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM

線膨張率とは、温度の上昇によって、物体の長さが変化する割合の事です。

フロートガラスの線膨張率(常温~350℃)は、 8.5~9.0 ×10-6/℃ になります。

フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM
平面度とは、平面の滑らかさを表わす数値の事です。

以下の数値は、フロートガラスを3次元測定器を使用して測定した値になります。
(こちらの数値は、実験で行った際に出た参考値で、製品を保証するための数値ではありません。)

一片の長さ 平面度
300mm 70μm
500mm 200μm
1000mm 1000μm
フロートガラス のことならオーダーガラス板.COM

「ガラスの種類辞典」は

各種ガラスの販売サイト

オーダーガラス板.COM

    が運営しています♪