ガラス種類辞典は、ガラスの販売サイト「オーダーガラス板.COM」が運営するガラスの総合百科事典です

ネオセラム(耐熱ガラス)とは、どんなガラスですか?

ネオセラムは、最高使用温度700度の耐熱ガラスです。

温度による寸法変化(熱膨張)が小さいガラスで、高い光線透過率を持っています。

どんな所に使われているの? 

一般的に、家電製品のIHクッキングヒーター(電磁調理器)用のトッププレートをはじめとして、ガス・石油機器のストーブの前面ガラスや薄型テレビ用PDP(プラズマディスプレイパネル)基板などの焼成用電気炉内壁材として広くご利用されています。

 薪ストーブの覗き窓にも使えるの?

薪ストーブは200℃ぐらいで使われる方もいらっしゃるかもしれませんが、空気を送る量が多いと、250℃~300℃まで加熱されます。(テンパックス(500℃タイプ)を薪ストーブに使われた方が熱割れしたケースがあります)

薪ストーブの覗き窓に使われる場合はネオセラムをお薦めします。

 

ネオセラム のことなら オーダーガラス板.COM

「ガラスの種類辞典」は

各種ガラスの販売サイト

オーダーガラス板.COM

    が運営しています♪