ガラス種類辞典は、ガラスの販売サイト「オーダーガラス板.COM」が運営するガラスの総合百科事典です

炉内観察用耐熱ガラスは、どんな所に使われていますか?

焼却炉や工業炉などの内部を観察出来るようにのぞき窓に使われています。

一般的には、耐熱ガラスなどを取り付けたりもしますが、その場合遮光メガネなどで目を保護しなければなりません。また、内部の様子が十分に確認できないなどと作業性も悪く、改善が求められていました。

そこで、開発された商品が、炉内観察用耐熱ガラスです。

炉内観察用耐熱ガラスの表面の温度が、300℃のTYPEⅠ、500℃のTYPEⅡの2種類がありますので温度に合わせてタイプをお選びいただけます。

 

炉内観察用耐熱ガラス のことなら オーダーガラス板.COM

「ガラスの種類辞典」は

各種ガラスの販売サイト

オーダーガラス板.COM

    が運営しています♪