ガラス種類辞典は、ガラスの販売サイト「オーダーガラス板.COM」が運営するガラスの総合百科事典です

耐火・遮熱積層ガラス

ピロベル写真.jpg  耐火遮熱積層ガラスとは、ケイ酸ソーダー系酸樹脂と、板ガラスを交互に何枚も重ね合わせたガラスです。

  • 1時間耐火間仕切り壁です。
  • 火災などの時には、熱放射を遮断して避難経路を確保できます。
  • 耐火遮熱積層ガラスは、高温になると、発泡・白濁して不透明になります。
  • 物が貫通しにくい、破片が飛び散りにくいガラスです。
  • 遮音効果があります。

厚みが、2.5㎝ととても厚みのあるガラスです。

                        

耐火・遮熱積層ガラス のことならオーダーガラス板.COM

耐火遮熱積層ガラスは、主に防火区画壁、避難通路、避難階段間仕切りなどに使われています。

網や線が無いため、透明な耐火間仕切り壁が可能になりました。エレベーターホールなどの閉ざされた空間の雰囲気を変えることができます。

 

また、遮音効果も高いガラスのです、静かな空間作りに用いることも可能です。図書館や病院、学校などで使われています。

耐火・遮熱積層ガラス のことならオーダーガラス板.COM
 

皆様の街のガラス屋さんでも耐火遮熱積層ガラスは購入できますが、よりお客様のニーズにあった販売を行っている販売店があります。工務店の方や個人の方、誰でもガラスを好きなサイズで㎜単位から購入でき、さらに工場直営ですので納期も早い、そして価格も安い、なんといってもオペレーターも親切かつ丁寧でわかりやすい、そんないいことだらけの販売店はオーダーガラス板.COMです。

是非、一度ごお問い合わせ下さい。連絡先は0120-12-4466です。喜んで御見積もりもさせて頂きます。

安心の梱包と保証システム

オーダーガラス板.COMでは、耐火遮熱積層ガラスをお客様に商品をお送りする梱包にまでこだわっています。ガラスの梱包15年の達人がガラスの出荷を行っています。その為、輸送中の事故0.25%を実現しています。万が一ガラスに不良がありましたら返品・返金いたします。また無償交換が出来ます。さらに過ってお客さ様が、ガラスを破損された場合も当社が代金の70%を保証させて頂きます。

耐火・遮熱積層ガラス のことならオーダーガラス板.COM

いいえ、自分で切ることはできません。

ガラス(3㎜)+樹脂+ガラス(3㎜)+樹脂+ガラス(8㎜)+樹脂+ガラス(3㎜)+樹脂+ガラス(3㎜)=総厚25㎜のとても厚みの厚いガラスの構造になっています。何層にも重なり合った、樹脂とガラスを自分で切ることはできません。

オーダーサイズでのご注文をお勧めいたします。

 

耐火・遮熱積層ガラス のことならオーダーガラス板.COM

いいえ、できません。

紫外線や水分の影響で細かい気泡が発生する場合があります、屋内でのみお使い下さい。屋内であっても、使用温度が40度以上を超えないように注意して下さい。

耐火・遮熱積層ガラス のことならオーダーガラス板.COM

いいえ、残念ながら曲げたり、穴あけの加工はできません。

厚みも大変厚く、合わせガラスになっている為穴は開けることができません。また加熱処理を行えませんので、曲げ加工もできなくなっています。(表面温度が40℃を超える場所では、気泡が発生してしまいます。)

耐火・遮熱積層ガラス のことならオーダーガラス板.COM

厚みは?

厚みは、他のガラスににはない25㎜の一種類です。25㎜の内訳は下記の通りです。

ガラス3㎜+樹脂+ガラス3㎜+樹脂+ガラス8㎜+樹脂+ガラス3㎜+樹脂+ガラス3㎜の合計25㎜です。何層にも重ねられたガラスと樹脂からも、普通のガラスにはない耐火性、遮熱性を兼ね備えることが、目で見てもわかりますね!!

最大サイズは?

最大サイズは、2570㎜×1370㎜となります。

大きな開口部にも使えそうです。ただし、特殊樹脂を使っていますので、紫外線やや水分の影響で細かい気泡が発生する場合があるますので、屋内で使用して下さい。また、屋内でも40度を超えないようにして下さい。

 ガラスを販売するときは、規格のサイズ(作り置きガラス)から切り出して販売します。 規格サイズの最大寸法は2570㎜×1370㎜で、この範囲内であればどんな大きさでも可能です。

耐火・遮熱積層ガラス のことならオーダーガラス板.COM
AGCの耐火・遮熱積層ガラス「ピロベル」

「ピロベル」は旭硝子が製造・販売する防火ガラスです。板ガラスとケイ酸ソーダ系樹脂を交互に積層することで、分厚い耐火間仕切り壁になります。透明なため、防火区画でありながら開放的な空間を作ります。

特性

  • 防火対策
  • 安全対策
  • 防音対策

主な用途

  • 防火区画壁、避難通路、避難階段の間仕切り (屋内専用)
ピロベルの納まり図

3ミリのガラスとケイ酸ソーダ系樹脂が交互に貼られています。中央に8ミリのガラスがあり、総厚さは25ミリ。その肉厚と樹脂の特性により、火と熱を防ぎます。

ピロベルの特徴

耐火の仕組み

ピロベルの耐火構造

ピロベルは火災時に、樹脂が発泡して熱を遮る層を形成します。また白く濁るため、高温になっている場所が目で分かるようになります。

飛散・貫通しにくい

ガラスと樹脂が何層も重なった構造のため、万が一破損しても破片が飛散しにくく、物が貫通しにくいです。非常に分厚い合わせガラスというイメージで差し支えありません。

遮音性能

ピロベルはJIS A 4706-2000において、T-3の遮音性能があります。これは約35dBの音を遮断する性能です。遮音性能の詳しい説明は、防音ガラス「ラミシャット」のページをご覧ください。

規格

品種(商品名) 呼び厚さ(ミリ) 最大サイズ(mm) 最小サイズ(mm)
ピロベル 3+樹脂+3+樹脂+8+樹脂+3 25 2570 × 1370 300 × 200

耐火積層ガラスの商品名一覧

商品名

  • AGC旭硝子:ピロベル
  • 日本板硝子:パイロストップ
ピロベル 耐火・遮熱積層ガラス のことならオーダーガラス板.COM

「ガラスの種類辞典」は

各種ガラスの販売サイト

オーダーガラス板.COM

    が運営しています♪