ガラス種類辞典は、ガラスの販売サイト「オーダーガラス板.COM」が運営するガラスの総合百科事典です

放射線遮蔽用鉛ガラスは、どんな所に使われていますか?

放射線遮蔽用鉛ガラスは、滅菌消毒が必要なX線撮影室の操作室の窓、血管撮影室等の薬品が飛び散りやすい撮影室の窓などに使われています。

このガラスがレントゲン室の操作室の窓として使われる事で病院で働く方の、被爆を防いだりと放射線技師さんが働く上でとても重要な働きをしているガラスといえるでしょう。

また、合わせガラスになっていますので、万が一割れても破片が飛び散ることはありませんので、頻繁に人が出入りする、扉の窓などにも使えます。

 普通のガラス同様、水拭きやガラスクリーナーなどでのお掃除が可能になりました、従来の鉛ガラスとは違い気軽にお掃除していただけますよ。

放射線遮蔽用鉛ガラス のことなら オーダーガラス板.COM

「ガラスの種類辞典」は

各種ガラスの販売サイト

オーダーガラス板.COM

    が運営しています♪