ガラス種類辞典は、ガラスの販売サイト「オーダーガラス板.COM」が運営するガラスの総合百科事典です

板ガラスの熱移動量(断熱性)について

ガラスを通して熱が移動する量 (熱移動量) は、熱伝達率に関係します。熱伝達率とは、壁やガラスなどの固体と空気 (気体) の間で、どれくらい熱が伝わるのかということです。

熱移動量は熱伝達率により決まります。熱伝達率が低ければ熱移動量も少ない、つまり断熱性能が高いということです。

下の図は、室内から室外への熱移動量をガラスの種類別に示したものです。

フロート単板ガラスの熱移動量

フロートガラス単板の場合、熱伝達率が高いため熱移動量は大きくなります。このことから、断熱性が低いことが分かります。

ペアガラスの熱移動量

ペアガラスは2枚のガラスと中空層によって、熱伝達率が下がります。フロートガラス単板に比べて熱移動量が抑えられ、断熱効果が高くなります。

サンバランス高遮熱断熱タイプの熱移動量

サンバランス (高遮熱断熱タイプ) では、室外側のガラスにLow-E膜をコーティング。これにより熱伝達率が更に抑えられ、高い断熱性能を発揮します。


サンバランス高断熱タイプの熱移動量
サンバランス (高断熱タイプ)では、室内側のガラスにLow-E膜をコーティングします。断熱効果は高遮熱断熱タイプとほとんど変わりません。
サンバランス のことなら オーダーガラス板.COM

「ガラスの種類辞典」は

各種ガラスの販売サイト

オーダーガラス板.COM

    が運営しています♪