ガラス種類辞典は、ガラスの販売サイト「オーダーガラス板.COM」が運営するガラスの総合百科事典です

サンバランス トリプルガラスとはどんなガラスですか?

サンバランストリプルガラスの断面イメージ

Low-Eガラスを2枚、通常のガラスを1枚使用した複層ガラスです。2つの中空層にアルゴンガスを充填することにより、断熱効果を大幅に高めています。

特性

  • 遮熱
  • 断熱
  • 結露対策
  • 紫外線遮蔽

主な使用場所

  • 戸建住宅
  • 集合住宅

規格 (代表例)

品種 室外側 中空層(ミリ) 中間 中空層(ミリ) 室内側 呼び厚さ(ミリ)
遮熱タイプ SBQ3 Ar11 FL3 Ar11 LQ3 31
断熱タイプ SBP3 Ar11 FL3 Ar11 LP3 31

トリプルガラスで断熱性アップ

トリプルガラスで断熱性アップ

サンバランスは2枚のガラスが入ったペアガラスです。室内側、もしくは室外側のガラスにLow-E膜をコーティングしています。

室内側にコーティングした場合、主に冬の断熱を重視したガラス (サンバランス高断熱タイプ) になります。逆に室外側をLow-Eガラスにした場合 (サンバランス高遮熱断熱タイプ)、夏の日差しを抑える機能が優れています。

サンバランスは冷暖房コストを削減できる省エネ建材なのです。

そして「トリプルガラス」はガラスを3枚にすることで、熱貫流率をさらに低くして断熱性能を高めました。また紫外線カット率も上昇したため、家具などが日焼けすることを低減します。室内側・室外側の両方にLow-Eガラスを設置することで、より高い効果を発揮します。

熱貫流率とは

熱貫流率は、室内と室外で温度差があったときに、暖かい側から冷たい側へ熱が通過する度合いを示したものです。数値が小さいほど断熱性が高いことを意味します。

「W/㎡・K」は熱貫流率を表す単位で、ガラス内外の温度差が1度あるとき、ガラス1㎡を1時間あたりで通過する熱量を表しています。読み方は「ワット・パー・ヘイベイ・ケルビン」です。

参考:ガラスの豆知識(熱貫流率)|旭硝子のGlass Plaza-PRO
最終閲覧日:平成30年1月10日

トリプルガラスとEシリーズは「ゼロエネ住宅」対応製品です

ゼロエネ住宅とは、一次エネルギーの生産量と消費量の収支を、年間でゼロにすることを目標とする住宅。ZEH (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス) と呼ばれています。一次エネルギーとは、自然界に存在する石油や太陽光などのエネルギーです。

サンバランスの「トリプルガラス」と「Eシリーズ」はZEHにおいて、エネルギー消費を抑える役割を果たします。

▼サンバランス Eシリーズ断面図

サンバランスEシリーズ断面図

エネルギー消費を少なくするためには、断熱性を高めることが不可欠。Eシリーズは従来のサンバランスに比べて、幅が広いスペーサーと性能を高めたLow-E膜を使用しているため、より一層の省エネ効果が期待できます。

そしてトリプルガラスでは、ガラスを3枚にすることで中空層を2つ作りました。それにより断熱性能がより一層高まったのです。トリプルガラスは、省エネ化が求められるこれからの住宅にとって、重要な建材となるでしょう。

サンバランス トリプルガラス のことなら オーダーガラス板.COM

「ガラスの種類辞典」は

各種ガラスの販売サイト

オーダーガラス板.COM

    が運営しています♪