ガラス種類辞典は、ガラスの販売サイト「オーダーガラス板.COM」が運営するガラスの総合百科事典です

サンバランス Eシリーズとはどんなガラスですか?

「サンバランスEシリーズ」イメージ図

旭硝子から販売されている、中空層の幅が広いペアガラスで、最大16ミリのスペーサーを採用しています。

中空層をアルゴン(Ar)のガスで満たしており、断熱と遮熱の性能を高めています。Low-E膜を使用しているので紫外線を遮る効果もあります。主に住宅で使われます。

特性

  • 遮熱
  • 断熱
  • 結露対策
  • 紫外線対策

主な使用場所

  • 戸建住宅
  • 集合住宅

規格 (代表例)

品種 室外側 中空層(ミリ) 室内側 呼び厚さ(ミリ)
遮熱タイプ アクアグリーンE SBQ3 Ar16 FL3 22
SBQ4 Ar14 FL4 22
SBQ5 Ar12 FL5 22
断熱タイプ ピュアクリアE FL3 Ar16 LP3 22
FL4 Ar14 LP4 22
FL5 Ar12 LP5 22
FL : フロート板ガラス Ar : アルゴンガス
SBQ : Low-E (アクアグリーン) LP : Low-E (ピュアクリア)

遮熱性能

サンバランス Eシリーズの遮熱性能は、透明ペアガラスの約2倍。そのため室内に降り注ぐ夏の日差しを和らげることができます。
サンバランスの性能比較

複層ガラスの断熱の仕組みについて、詳しくは板ガラスの熱移動量についてのページをご覧ください。

Eシリーズは「ゼロエネ住宅」に対応したガラスです

ゼロエネ住宅は、年間で一次エネルギー消費量の収支をゼロにすることを目指す住宅です。ZEH (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス) と呼ばれ、政府から補助金も出ています。一次エネルギーとは、石油や水力、風力、太陽光など、自然界に存在するエネルギーのこと。

エネルギー収支をゼロにするために必要なのは、エネルギーを作ることと消費を抑えること。この内、省エネの方に役立つのが「サンバランス Eシリーズ」です。

熱還流率による断熱性能の比較

住宅を省エネ化するためには、断熱性を高めることが必要です。Eシリーズは従来のサンバランスに比べて、幅が広いスペーサーと性能を高めたLow-E膜を使用。エアコンの負荷を今まで以上に低減させました。

また従来のサンバランスシリーズでは、2枚のガラスの間に乾燥空気を入れていました。これに対して高性能タイプEシリーズでは、アルゴンガスを密閉することでも断熱性を向上。Eシリーズは、次世代の省エネガラスとして活躍しています。

サンバランス Eシリーズ のことなら オーダーガラス板.COM

「ガラスの種類辞典」は

各種ガラスの販売サイト

オーダーガラス板.COM

    が運営しています♪