ガラス種類辞典は、ガラスの販売サイト「オーダーガラス板.COM」が運営するガラスの総合百科事典です

サンバランス トリプルクール

triple-cool.jpg


Low-Eペアガラスの製品で、旭硝子が製造・販売しています。Low-E膜に含まれる銀 (Ag) の層を3層にすることで、通常のLow-Eペアガラスよりも更に高い断熱性と遮熱性があります。主にオフィスビルで使われます。

特性

  • 遮熱
  • 断熱
  • 結露対策
  • 紫外線遮蔽

主な使用場所

  • オフィスビル

日射熱取得率の比較

ability_tripleCool.jpg
従来のペアガラスでは、多くの日射熱が室内に入っていました。しかしトリプルクールは日射熱の侵入を3分の1に抑えているので、夏の冷房コストを下げることができます。

規格

室外側 中空層(ミリ) 室内側 呼び厚さ(ミリ)
SBN6 6 FL6 18
SBN8 6 FL8 22
SBN10 6 FL10 26
SBN12 6 FL12 30
SBN6 12 FL6 24
SBN8 12 FL8 28
SBN10 12 FL10 32
SBN12 12 FL12 36
※SBN : Low-E (トリプルクール)
 FL : フロート板ガラス

日射熱取得率の比較

窓周りの温度環境シミュレーション

上図は、透明ペアガラスとサンバランス トリプルクールでシミュレーションを行ったもの。窓から1.5メートル離れた場所の体感温度分布を示しています。トリプルクールは日射熱取得率が0.26と非常に低いです。そのためブラインドが無くとも、窓周りの暑さが軽減されます。

トリプルクールの特徴と背景

銀3層で遮熱性能を高めた「サンバランストリプルクール」

「サンバランス トリプルクール」は、2012年に発売されました。節電や省エネに対する意識が急速に高まる中、エコガラスの性能強化が求められていたのです。

窓は熱の出入りが多いため、窓の断熱・遮熱性能を高めることは喫緊の課題でした。特に電力需要が逼迫する夏の対策が必要だったのです。

こうした要望に応えたのが「トリプルクール」。Low-E膜を3層に増やしたことで、遮熱性能がより一層高まりました。本製品は主にオフィスビルで使われますが、住宅の天窓にも有効です。

参考 : AGCニュースリリース、2012年10月17日
最終閲覧日 : 2018年2月26日

サンバランス トリプルクール 複層ガラス のことならオーダーガラス板.COM

「ガラスの種類辞典」は

各種ガラスの販売サイト

オーダーガラス板.COM

    が運営しています♪