ガラス種類辞典は、ガラスの販売サイト「オーダーガラス板.COM」が運営するガラスの総合百科事典です

クールベールとは、どんなガラスですか?

クールベールとは、どんなガラスですか?
クールベールのシール

「クールベール」は、防犯・防災・紫外線カット、それに赤外線カット機能を追加した合わせガラスです。製品には左のシールが貼られます。元々は自動車ガラスとして販売されていましたが、これを住宅に応用しました。ジリジリと熱くなる中赤外線 (波長1500~2200nmの光) をカットして、室内温度の上昇を抑えます。もちろん紫外線もカットします。

クールベールは防犯にも役立つ

sekyure_02.jpg

赤外線・紫外線カットの効果に加えて、防犯性能があります。2枚のガラスの間に、専用の特殊フィルムが挟んであるため、ガラスを破られる危険性が少ないです。フィルムの厚みに応じて、3つのレベルに分かれます。

特性

  • 遮熱
  • 紫外線遮蔽
  • 安全対策
  • リフォーム対策

主な使用場所

  • 戸建住宅
  • 集合住宅
  • オフィスビル
  • 店舗・商業施設

規格

品種(商品名) ガラスの構成 呼び厚さ(ミリ)
クールベール FL3 FL3 6
FL4 FL4 8
FL5 FL5 10
FL6 FL6 12
FL8 FL8 16
FL10 FL10 20
FL12 FL12 24
FL15 FL15 30

※FLは、フロートガラスのことです。

クールベールの経緯

クールベールは元々、自動車用のガラスとして2002年に発売された商品です。日射を防いで社内の温度上昇を抑える効果がありました。この効果を住宅にも応用した製品が欲しいというニーズが、特に女性から多く上がっていました。窓辺の日差しによる日焼けや、ジリジリとした不快感を防止したいという要望です。一方で、ガラス破りによる侵入被害も増加していました。

こうした状況を受けて旭硝子は、2003年7月に住宅用の「クールベール」を販売開始しました。高い防犯性能に加えて、ジリジリ感の原因である赤外線をカットする機能を持っています。

性能

可視光透過率(%) 日射熱取得率 紫外線カット率(%)
クールベール レベル1 84 0.66 99以上
セキュレ レベル1 89 0.81 99以上
フロートガラス 89 0.85 43

※日射熱取得率は、室外側のガラス面に当たる日射を1としたとき、室内に入る日射量の割合を表します。

お見舞い金制度

クールベールは「セキュレ」と同じく、お見舞い金制度が付いています。この制度は、クールベールが破られて空き巣被害に遭った場合、旭硝子からお見舞い金が支払われる制度です。金額は被害内容に応じて、限度額の範囲内で決まります。

グレード クールベール レベルⅠ クールベール レベルⅡ クールベール レベルⅢ
お見舞金(盗難) 上限10万円
ただし未遂(ガラス破壊のみで盗難なし)の場合は1万円
上限20万円
ただし未遂の場合は1万円
上限30万円
ただし未遂の場合は1万円
お見舞金(台風及びその他の風災) 1万円
防犯ガラス クールベール のことなら オーダーガラス板.COM

「ガラスの種類辞典」は

各種ガラスの販売サイト

オーダーガラス板.COM

    が運営しています♪