ガラス種類辞典は、ガラスの販売サイト「オーダーガラス板.COM」が運営するガラスの総合百科事典です

セキュレ

セキュレとは、どんなガラスですか?
セキュレのシール

「セキュレ」は、旭硝子が製造・販売する防犯ガラスです。旭硝子の防犯ガラスには「ラミセーフセキュリティー」がありますが、セキュレはこれにお見舞金制度がついたものです。

製品には、ガラスにセキュレであることを示すシールが貼られます。

セキュレと普通ガラスの割れ方の比較

左の写真は、普通のガラスとセキュレで割れ方を比較したものです。普通のガラスが大きく割れて脱落しているのに対し、セキュレはひび割れただけで脱落していません。

地震や台風の際に、普通のガラスは割れて怪我をすることがあります。ガラスに穴が開いて室内に雨風が入り、冬だと冷気が直接入ります。セキュレならば万が一割れても、ガラスが脱落しにくくなり、雨風の侵入などを防ぎます。

この他、紫外線カット率も普通のガラスより高いです。

特性

  • 紫外線遮蔽
  • 安全対策
  • リフォーム対策

主な使用場所

  • 戸建住宅
  • 集合住宅
  • オフィスビル
  • 店舗・商業施設

セキュレのグレード

セキュレのグレード

防犯ガラス (合わせガラス) は、2枚のガラスの間に特殊フィルムを挟んでいます。セキュレは、フィルムの厚さに応じて3つのグレードがあります。上記画像の数字は、フィルムの厚さを表しています。

セキュレのバリエーション

セキュレのバリエーション

セキュレには、ガラスを2枚使った通常タイプの他に、ペアガラス仕様のバリエーションがあります。「セキュレ ペア」は断熱性を高めた製品。「セキュレ サンバランス」は、断熱に加えて遮熱性能も高いです。

セキュレの規格

品種(商品名) レベル 特殊フィルム呼び厚さ(ミリ) フロートガラス3ミリを使用した場合の製品呼び厚さ
セキュレ 0.8 6.8
1.5 7.5
2.3 8.3
セキュレペア セキュレサンバランス 0.8 15.8
1.5 16.5
2.3 17.3

セキュレのお見舞金制度

この制度は、セキュレが破られたことで盗難が発生した場合、旭硝子からお見舞金が支払われる制度です。金額は被害内容に応じて、限度額の範囲内で決まります。

グレードとお見舞金

グレード セキュレ レベルⅠ セキュレ レベルⅡ セキュレ レベルⅢ
お見舞金(盗難) 上限10万円
ただし未遂(ガラス破壊のみで盗難なし)の場合は1万円
上限20万円
ただし未遂の場合は1万円
上限30万円
ただし未遂の場合は1万円
お見舞金(台風及びその他の風災) 1万円

この他、割れ代え用の「セキュレ」を無償で提供しています。ただし工事費用は有償。また制度の適用期間は、購入日から5年間です。

セキュレの経緯

セキュレは2001年7月、日本で初めて「盗難お見舞金制度」を付けた防犯ガラスとして発売されました。

空き巣狙いの侵入方法

上の円グラフは、空き巣犯の侵入方法の割合を示したもの。ガラスを破って侵入する手口が6割以上を占めています。お見舞制度つきのセキュレは、こうした状況に適った製品であると言えます。

当初は盗難に対するお見舞いだけでしたが、2005年に台風などの風被害に対しても適用しました。

防犯ガラスは、防災の効果も高いガラスです。旭硝子には九州や四国の消費者から、「台風など風災によりガラスが破損した場合にも、お見舞い金サービスを適用できるようにしてほしい」という要望が来ていました。旭硝子はこれに応えたのです。

セキュレは、2枚のガラスの間に特殊フィルムを挟んでいます。これにより、台風や強風時に物が飛んできてガラスが破損しても、破片がほとんど飛散しません。また物の貫通を防ぐ能力が高いため、破損後も室内を風雨から守ります。更に経年劣化が非常に小さいので、長期間の使用でも性能を維持できます。

防犯ガラス セキュレ のことならオーダーガラス板.COM

「ガラスの種類辞典」は

各種ガラスの販売サイト

オーダーガラス板.COM

    が運営しています♪