ガラス種類辞典は、ガラスの販売サイト「オーダーガラス板.COM」が運営するガラスの総合百科事典です

泡入りガラスはどんな風に製造されているのですか?

泡入りガラスの作り方は、一度作られた板ガラス(サンド・ソーダ灰・シリケート・アルミナ等でできたガラス)を粉々にします。その粉々になったガラスにカーボンを混ぜ合わせ、その後高温の釜の中に入れ加熱させます、そのガラスを冷やしてできたガラスが泡入りガラスです。

ガラスに泡を入れるなんて?とても不思議でしたが、作り方をしって納得しました。一度砕いたガラスとカーボンを混ぜて釜の中で焼くことによって、反応を起こして気泡が出来るのです。

泡の量を調節出来るのも納得ですね!!

この作り方は、サンゴバン社が開発した製法です。

 

泡ガラス のことなら オーダーガラス板.COM

「ガラスの種類辞典」は

各種ガラスの販売サイト

オーダーガラス板.COM

    が運営しています♪