ガラス種類辞典は、ガラスの販売サイト「オーダーガラス板.COM」が運営するガラスの総合百科事典です

耐熱ガラスは水で急激に冷やしても割れませんか?

割れてしまいます。

耐熱ガラスでも急激な温度変化には耐えることが出来ません。どのくらいの温度変化なら大丈夫か示す温度を耐熱衝撃温度といいます。耐熱衝撃温度とは表の温度から0℃に急冷した場合に割れずにすむと考えられる数値です。ガラスは熱伝導率が低い(熱が伝わりにくい)ため、板厚が熱くなるほど表面と内部の温度差が生じて割れやすくなります。

なお、ネオセラムは熱膨張係数が限りなく0に近いため、熱衝撃による割れに非常に強いです。但し、700℃を越えるとガラスが変質してきます。

耐熱衝撃温度は下記の通りです。

     ●普通ガラス  3㎜→65℃   ●テンパックス     3㎜→180℃

                6㎜→50℃                  6㎜→150℃

                9㎜→35℃               9㎜→100℃       

      ●ネオセラム  3㎜→800℃  ●バイコール      3㎜→800℃

               6㎜→800℃               6㎜→800℃

               9㎜→800℃               9㎜→800℃                                                                     

          

          

         

耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM

「ガラスの種類辞典」は

各種ガラスの販売サイト

オーダーガラス板.COM

    が運営しています♪