ガラス種類辞典は、ガラスの販売サイト「オーダーガラス板.COM」が運営するガラスの総合百科事典です

炉内観察用耐熱ガラス

ファイアソフト 写真 .jpg 優れた遮熱性と遮光性を持っており 高温の炉内を肉眼で観察できるように、作られた特殊な耐熱ガラスです。ガラスの表面には特殊膜が加工されています。

特徴は下記の通りです。

  • 耐熱ガラスですので、高温での使用が可能です。(300℃・500℃タイプ)
  • 可視光線の95%以上を遮断するので、肉眼では見にくい炉内の観察を可能にして、さらに目の疲労も軽減してくれます。
  • 赤外線(熱線)の約90%以上を遮断し、その多くを反射させる為ガラスからの放熱を軽減してくれます。

 

  

炉内観察用耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM

焼却炉や工業炉などの内部を観察出来るようにのぞき窓に使われています。

一般的には、耐熱ガラスなどを取り付けたりもしますが、その場合遮光メガネなどで目を保護しなければなりません。また、内部の様子が十分に確認できないなどと作業性も悪く、改善が求められていました。

そこで、開発された商品が、炉内観察用耐熱ガラスです。

炉内観察用耐熱ガラスの表面の温度が、300℃のTYPEⅠ、500℃のTYPEⅡの2種類がありますので温度に合わせてタイプをお選びいただけます。

 

炉内観察用耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM

厚みの種類は、5㎜ のみとなります。

 

炉内観察用耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM

最大サイズは、420㎜×560㎜ となっています。

ガラスを売るときは、規格のサイズ(作り置きガラス)から切り出して販売します。 規格サイズの最大寸法はで、420㎜×560㎜この範囲内であればどんな大きさでも可能です。

炉内観察用耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM
ガラスの表面の温度が300℃(TYPEⅠ)と500℃(TYPEⅡ)があります。炉内の温度ではありませんのでご注意下さい。
炉内観察用耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM

設置される場合は、特殊膜の加工してある面を、炉外側(直接目で見る側)にして下さい。

炉内観察用耐熱ガラス 特油膜面方向.jpg

炉内観察用耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM

ファイアソフト 透過率.jpg

炉内観察用耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM

炉内観察用耐熱ガラスは、炉内を観察する専用のガラスです。耐熱性が優れているだけでなく、高温の炉内をのぞいても目への疲労が少ない、赤外線(熱線)を90%遮断して、その赤外線の多くを反射するなど、放熱までも軽減してくれる特殊なガラスです。

その為、耐熱ガラスや網入りガラス、防火ガラスなどと比べると金額は高くなります。サイズなどによっても金額はかわって参りますので、一度御見積されることをお勧めいたします。

 

炉内観察用耐熱ガラスの御見積をお考えの方は、耐熱ガラス.COMがさせて頂きます、まずはお問い合わせ下さい。

連絡先は0120-12-4466となります!!お気軽にどうぞ。

炉内観察用耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM

炉内観察用耐熱ガラスは、特殊なガラスですのでガラスの購入をお考えの方は、耐熱ガラス.COMへ是非、一度ごお問い合わせ下さい。連絡先は0120-12-4466です。喜んで御見積させて頂きます。

炉内観察用耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM

「ガラスの種類辞典」は

各種ガラスの販売サイト

オーダーガラス板.COM

    が運営しています♪