ガラス種類辞典は、ガラスの販売サイト「オーダーガラス板.COM」が運営するガラスの総合百科事典です

耐熱ガラス

19.jpg

 耐熱ガラス(たいねつがらす)とは、熱膨張率を下げて、急激な温度変化を加えても割れないよう強化したガラスのことです。ビーカーなどのガラス製理化学機器やガラスポットなどの耐熱調理器具の材料に広く用いられています。
 パン窯などの覗き窓に使いたいという方もいらっしゃいました。
 お風呂場やキッチンにガラスを使用したい!など急激な温度変化のある場所に最適のガラスです。

耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM

薪ストーブのガラスの修理などによく使われます。また、パン釜や工場の釜の覗き窓に使われることも多いです。

耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM

テンパックスのみ強化加工が可能です。強化加工後は、穴開けや切断などすべての加工が出来なくなりますので、穴あけなどは強化加工前にご依頼下さい。

耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM

耐熱ガラスは、通常のガラスと色が違いますのでご注意ください。

 

24-1.jpg    24-3.jpg 

     普通のガラス       500・1200℃タイプ      700℃タイプ

  緑がかった透明       ほぼ無色透明         あめ色

 

      

 

24-4.jpg

 

耐熱ガラス700℃タイプ(あめ色)(写真左)と、通常のガラスの色(写真右)を比べてみました。

白い紙上では、色が濃く見えますが、透かしてみてみればこのぐらいの違いです。

 

耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM

割れてしまいます。

耐熱ガラスでも急激な温度変化には耐えることが出来ません。どのくらいの温度変化なら大丈夫か示す温度を耐熱衝撃温度といいます。耐熱衝撃温度とは表の温度から0℃に急冷した場合に割れずにすむと考えられる数値です。ガラスは熱伝導率が低い(熱が伝わりにくい)ため、板厚が熱くなるほど表面と内部の温度差が生じて割れやすくなります。

なお、ネオセラムは熱膨張係数が限りなく0に近いため、熱衝撃による割れに非常に強いです。但し、700℃を越えるとガラスが変質してきます。

耐熱衝撃温度は下記の通りです。

     ●普通ガラス  3㎜→65℃   ●テンパックス     3㎜→180℃

                6㎜→50℃                  6㎜→150℃

                9㎜→35℃               9㎜→100℃       

      ●ネオセラム  3㎜→800℃  ●バイコール      3㎜→800℃

               6㎜→800℃               6㎜→800℃

               9㎜→800℃               9㎜→800℃                                                                     

          

          

         

耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM

薪ストーブ 写真.jpg500℃タイプの耐熱ガラステンパックス)は最高使用温度は500℃ですが、常温使用温度は230℃になっています。薪ストーブは200℃ぐらいで使われる方もいらっしゃるかもしれませんが、空気を送る量が多いと、250℃~300℃まで加熱されます。
 また、テンパックス(500℃タイプ)を薪ストーブに使われた方が熱割れしたケースがありますので、薪ストーブの覗き窓に使われる場合はネオセラムをお薦めします。

 常用使用温度・最高使用温度とは?

最高使用温度は、短時間のみ使用できる温度で、一瞬であれば、この温度まで耐えることが出来ます。また、常用使用温度は、連続して使用することが出来る温度で、この温度までであれば、連続して加熱しても大丈夫だといえる温度です。

耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM

はい、違います。

大きな違いは、原材料や製造する際にガラスを冷ますスピードです。

耐熱ガラスは、文字の通り普通のガラスよりも熱に対して強く耐えられるガラスです。

強化ガラスは、耐熱ガラスのように熱に対しては強くありません。しかし、一度熱処理やケミカル強化されることによって、割れにくかったり、割れても粉々になったりと、全く違う性質を持っています。

 

耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM

はい、大体のものが割れませんが、加工してあるものに関しては、その商品についた取り扱い説明書をご覧ください。

直火にあてても割れないという特性を利用してできた商品が、鍋です。

 

耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM

いいえ、作っていません。

日本板硝子㈱は、その他たくさんの種類のガラスを作っている会社です。

耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM

耐熱性の優れた強化ガラスです。

従来、耐熱強化ガラスには網(ワイヤー)入りガラスが多く用いられてきましたが、近年網のない(ワイヤーレス)の耐熱強化ガラスも販売されています。

網のない(ワイヤーレス)タイプの耐熱強化ガラスは、開放感のあるすっきりとした視界がえられます。

耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM

耐熱温度と言っても、2つの温度があります。最高使用温度・常用使用温度があります。

 常用使用温度・最高使用温度とは?

最高使用温度は、短時間のみ使用できる温度で、一瞬であれば、この温度まで耐えることが出来ます。また、常用使用温度は、連続して使用することが出来る温度で、この温度までであれば、連続して過熱しても大丈夫だといえる温度です。

  •  バイコール  最高使用温度→1200℃ 常用使用温度→900℃
  •  石英ガラス  最高使用温度→1000℃ 常用使用温度→900℃
  •  ネオセラム  最高使用温度→800℃ 常用使用温度→700℃
  •  パイレックス 最高使用温度→490℃ 常用使用温度→230℃
  •  テンパックス 最高使用温度→500℃ 常用使用温度→450℃
  • こんなに、高温に耐えられる特性をいかして、IH クッキングヒーターや、オーブンレンジ、水銀灯、さらには薪ストーブの覗き窓などに使われています。

 

 

耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM

主に、ネオセラムが使われています。

ネオセラムは、電磁波をよく通し、耐熱衝撃強度、機械的強度に優れています。その為、トッププレートに適しています。

耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM

耐熱ガラスは、特殊なガラスですのでガラスの購入をお考えの方は、耐熱ガラス.COMへ是非、一度ごお問い合わせ下さい。連絡先は0120-12-4466です。喜んで御見積させて頂きます。

耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM

ガラスカッター.jpgはい、耐熱ガラスガラスカッターで、誰でも簡単切ることができます。

ガラスの切り方はとても簡単で、ガラスを切るのを一度見れば、結構すんなりと切れるようになります。 皆さん切り方を知らないだけで、本当に簡単なんです。 ガラスの切り方を動画で紹介するサイトを作りましたので、一度ご覧ください。
ガラスの切り方を動画で紹介 ガラスカッター.COM

耐熱ガラス のことならオーダーガラス板.COM

「ガラスの種類辞典」は

各種ガラスの販売サイト

オーダーガラス板.COM

    が運営しています♪