ガラス種類辞典は、ガラスの販売サイト「オーダーガラス板.COM」が運営するガラスの総合百科事典です

強化ガラスは、どのように作られていますか?

簡単に言うと、板ガラスを熱処理加工し、強化したガラスです。

板ガラスを強化炉にいれ、ガラスの軟らかくなる温度(軟化温度650~700℃)まで加熱した後、ガラス両面に常温の空気をひととおり吹き付けて急冷し、できたガラスです。

軟化温度まで過熱したガラスを急冷する効果は?

急冷することにより、表面が内部より先に固まり、安定した圧縮応力層(→←表面は縮まり)、内部にはそれに釣り合う引張応力層(←→内部は膨張しようとする)が作られ、これらの応力は互いにバランスがつり合った状態に、保たれています

強化ガラスは、表面の圧縮応力の効果でガラスを破損しようとする、外力に耐え、同じ厚さのフロート板ガラスに比べて、3倍以上の強度を持っています

 

強化ガラス のことならオーダーガラス板.COM

「ガラスの種類辞典」は

各種ガラスの販売サイト

オーダーガラス板.COM

    が運営しています♪