ガラス種類辞典は、ガラスの販売サイト「オーダーガラス板.COM」が運営するガラスの総合百科事典です

ベランダ手摺用ガラス

ベランダ手摺り用ガラス 構造.jpg 通常ベランダの手摺と言えば、金属で出来ていたり、外壁と同じ材料で作られています。室内から見ると結構圧迫感があります。もし、ガラスでできた手摺があればいいのにっと、そんな悩みを解決できる商品があります。

実は、そんな悩みを解消できるベランダ手摺用ガラスがあります。安全性も高く、紫外線もカットできます。プライバシー保護の為に乳白色(シルキータイプ)のタイプもあります。

右の図の様な構造をしています。

2枚のガラスの間に耐貫通性の優れた0.76㎜(30mil)の特殊フィルムが挟んであるため、地震などで万が一破損しても破片が飛散・脱落しにくく、衝撃物の貫通も防いでくれます。

乳白色膜は、シルキータイプにのみつきます。通常タイプはついていません。

 

 

ベランダ手摺用ガラス のことならオーダーガラス板.COM

ベランダ手摺り用ガラス 色.jpg色の種類は、スカイグレー、パールグレー、スカイブルー、ベビーブルーの4色となります。

このガラスは、合わせガラスになっていますので、ガラスとガラスの間に乳白色の膜を入れることも可能です。この膜を中間に挟むだけで、プライバシー保護になります。4色全てにこの膜を入れられますので、合計8色の色の中からお選びいただけます。

 

ベランダ手摺用ガラス のことならオーダーガラス板.COM

厚みの種類は、8.8㎜の種類になります。下記の表をご覧下さい。

合わせ金属の特殊膜は、合わせ面にコーティングされています、ガラスの表面にはコーティングされていませんので、ガラスを掃除する際も普通のガラスと同様に掃除ができます。傷つく心配もありません。

また、ガラスとガラスの間に特殊フィルムがはさんでありますので、紫外線を99%カットしてくれます。

ベランダ手摺用ガラス 厚み.jpg

ベランダ手摺用ガラス のことならオーダーガラス板.COM

ベランダ手摺用ガラスは、特殊なガラスですのでガラスの購入をお考えの方は、オーダーガラス板.COMへ是非、一度ごお問い合わせ下さい。連絡先は0120-12-4466です。喜んで御見積させて頂きます。

ベランダ手摺用ガラス のことならオーダーガラス板.COM

ベランダ手摺用ガラス 施工.jpgはい、紫外線をカットしてくれます。

このガラスは、合わせガラスになっています。2枚のガラスの間に特殊フィルムが挟まっています。その特殊フィルムは紫外線を99%カットしてくれます。

日射吸収率がとても高いガラスですので、条件によっては熱割れ対策が必要になります。

また、反射光が周辺の建物や交通に影響を及ぼす可能性があります。設置に関しましては、十分ご検討下さい。

 

ベランダ手摺用ガラス のことならオーダーガラス板.COM

「ガラスの種類辞典」は

各種ガラスの販売サイト

オーダーガラス板.COM

    が運営しています♪