ガラス種類辞典は、ガラスの販売サイト「オーダーガラス板.COM」が運営するガラスの総合百科事典です

フッ化バリウムガラス

フッ化ガラス 写真.jpg読んで字のごとくフッ素とバリウムを含んだガラスの事です。

このガラスの特徴は、赤外線の透過が大変優れていることです。なんとフッ化物結晶としては最長の13μmの波長までの広い透過波長領域をもっています。この特徴をいかして、赤外線を使用した分析機器類や高出力赤外レーザー用(印刷機器の一部、セキュリティ他)の光学材料として利用されているんですよ。ただ、温度衝撃には弱いため、急な温度変化は避けて下さい。

色は、無色です。

μmとは?

マイクロメールと読みます。赤外線の波長程度をを表す単位です。1μm=0.001ミリメートルです。

 

 

 

フッ化バリウムガラス のことならオーダーガラス板.COM
 加工可能な最大サイズは、φ5㎜~φ100㎜となります。普通のガラスとちがって、加工サイズも円形になります。

 こうして指定サイズに切られたガラスは、フッ化物結晶としては最長の13μmの波長までの広い透過波長領域を持つという特徴をいかして、赤外線を使用した分析機器類や高出力赤外レーザー用(印刷機器の一部、セキュリティ他)の光学材料として利用されているんですよ。

フッ化バリウムガラス のことならオーダーガラス板.COM

フッ化バリウムガラスは、特殊なガラスですのでガラスの購入をお考えの方は、オーダーガラス板.COMへ是非、一度ごお問い合わせ下さい。連絡先は0120-12-4466です。喜んで御見積させて頂きます。

フッ化バリウムガラス のことならオーダーガラス板.COM

BaF2の特性は下記の通りです。

結晶構造→等軸結晶

熱膨張係数→1.8×10‐5/℃(20~60℃において)

熱伝導度→2.8×10‐3cal/㎝ sec ℃(13℃において)

比熱→4.83

融点→1280℃

硬度(Knoop No)→82

劈開面→{111}

 

フッ化バリウムガラス のことならオーダーガラス板.COM
フッ化バリウムガラスの透過率は下記グラフの通り。

波長の単位はマイクロメーターで表されており、1μm=1000nmとなります。

フッ化バリウムガラス透過光.jpg

フッ化バリウムガラス のことならオーダーガラス板.COM

「ガラスの種類辞典」は

各種ガラスの販売サイト

オーダーガラス板.COM

    が運営しています♪