ガラス種類辞典は、ガラスの販売サイト「オーダーガラス板.COM」が運営するガラスの総合百科事典です

鉛フリー放射線遮蔽ガラスとは、どんな所に使われていますか?

比較的放射線の弱いマンモグラフィの機器の側で衝立の一部として使われています。

最近では、乳ガンの早期発見の為マンモグラフィの受診者増えています。法律が改正されて医療従事者が撮影室内で機器を操作することが可能になりました。この改正により作業がしやすく時間の短縮になりました、また痛みを伴う受診者への負担軽減され安心感へつながっています。

しかし、医療従事者にとっては、放射線の被曝の可能性が高くなったともいえます。

そこで日々の診療を行う医療従事者を守るために、放射線の被曝を軽減し、視認性が得られる放射線遮蔽ガラスが使われています。従来の鉛ガラスは黄色でしたが、着色と傷の付きやすさを解消し視認性の高いガラスとなり、作業効率も高くなっています。

 

 

鉛フリー放射線遮蔽ガラス のことならオーダーガラス板.COM

「ガラスの種類辞典」は

各種ガラスの販売サイト

オーダーガラス板.COM

    が運営しています♪