ガラス種類辞典は、ガラスの販売サイト「オーダーガラス板.COM」が運営するガラスの総合百科事典です

鉛フリー放射線遮蔽ガラス

鉛フリー放射線遮蔽ガラス.jpg鉛フリー放射線遮蔽ガラスとは、ガラスの原材料に鉛を含まない全く新しいタイプの合わせガラスのことです。鉛の代わりに放射線を遮蔽する物として新たにストロンチウム、バリウムなどを使っています。鉛を使った放射線遮蔽ガラスよりは、放射線を遮蔽する能力は低いですが、比較的放射線の防護や特に衝撃安全性の求められているマンモグラフィの衝立などに使われています。

従来の鉛を使った放射線遮蔽ガラスにはない優れた特性も持っています。クリアな視界で、さらにお掃除も簡単で普通のガラスと同じように水拭きも可能です。

なんと言っても、ガラスの比重が同じ厚みの窓ガラスとほぼ同じなんですよ。

鉛フリー放射線遮蔽ガラス のことならオーダーガラス板.COM

比較的放射線の弱いマンモグラフィの機器の側で衝立の一部として使われています。

最近では、乳ガンの早期発見の為マンモグラフィの受診者増えています。法律が改正されて医療従事者が撮影室内で機器を操作することが可能になりました。この改正により作業がしやすく時間の短縮になりました、また痛みを伴う受診者への負担軽減され安心感へつながっています。

しかし、医療従事者にとっては、放射線の被曝の可能性が高くなったともいえます。

そこで日々の診療を行う医療従事者を守るために、放射線の被曝を軽減し、視認性が得られる放射線遮蔽ガラスが使われています。従来の鉛ガラスは黄色でしたが、着色と傷の付きやすさを解消し視認性の高いガラスとなり、作業効率も高くなっています。

 

 

鉛フリー放射線遮蔽ガラス のことならオーダーガラス板.COM

鉛フリー放射線遮蔽ガラス 最大サイズ.jpg製造可能な鉛フリー放射線遮蔽ガラスの最大サイズは、1200㎜×2400㎜です。

厚みは9㎜ のみとなります。

ガラスを販売するときは、規格のサイズ(作り置きガラス)から切り出して販売します。 規格サイズの最大寸法は2400mm×1200mmで、この範囲内であればどんな大きさでも可能です。

3枚の特殊ガラスを安全フィルムで貼り合わせていますので、衝撃に強く安全性に優れています。

重量は24.5㎏/㎡となります。

最大サイズの重量は、70.56㎏になります。

鉛フリー放射線遮蔽ガラス のことならオーダーガラス板.COM

鉛フリー放射線遮蔽ガラス 硬度 透過 比重.jpg

  • モース硬度とは?

硬さをあらわしています。あるものでひっかいたときの傷の着きにくさで数字の1~10をつかってあらわします。1に近いほど柔らかく、10に近いほど硬い物質となります。

  • 比重とは?

物質の密度をあらわしています。比重1より小さい物は水に浮き、比重1より大きい物は水に沈みます。

上の表からもわかるように、鉛フリー放射線遮蔽ガラスは鉛ガラスや含鉛ガラスに比べて、ガラス表面も硬く傷がつきにくい、さらに比重も軽く可視光線の透過もほぼ鉛ガラスと一緒です。

鉛フリー放射線遮蔽ガラス のことならオーダーガラス板.COM

LFX-9 X線遮蔽性能.jpg

LXX-9というのは、鉛フリー放射線遮蔽ガラスの商品名です。製造メーカは、日本電気硝子株式会社さんになります。原材料に鉛を使用していませんが、鉛に代わるストロンチウム、バリウムなどを使用することでX線遮蔽性能を高めています。

上の表は、鉛フリー放射線遮蔽ガラスを用いた実験結果です。9㎜という厚みで鉛当量0.5mmPbで更にX線管電圧50kv80kv でX線をかなり遮蔽できていることがわかります。

鉛フリー放射線遮蔽ガラス のことならオーダーガラス板.COM

「ガラスの種類辞典」は

各種ガラスの販売サイト

オーダーガラス板.COM

    が運営しています♪