ガラス種類辞典は、ガラスの販売サイト「オーダーガラス板.COM」が運営するガラスの総合百科事典です

光触媒ガラスの厚みの種類、最大サイズは?

厚みが薄いガラスは割れやすい為、あまり大きなガラスは作れません。 大体、ガラスを販売するときは、規格のサイズ(作り置きガラス)から切り出して販売します。 規格サイズの最大寸法は5000㎜×2400㎜で、この範囲内であればどんな大きさでも可能です。

素板には、熱線反射ガラスや高性能熱線反射ガラス、強化ガラス、倍強ガラスなども使うことが出来ます。※熱線反射ガラスや高性能熱線反射ガラスを使う場合は、特殊金属膜面は室内側になります。(外気面には、光触媒のコーティングの面は直射日光があたり、十分な雨水があたるようにな場所に設置して下さい。)

最大サイズは、5000㎜×2400㎜です、ただし素板の最大サイズとなります。また1枚あたりのガラスの重量が260㎏以下に制限されす。

光触媒ガラス のことならオーダーガラス板.COM

「ガラスの種類辞典」は

各種ガラスの販売サイト

オーダーガラス板.COM

    が運営しています♪